初心者が把握しておきたいアパート経営のデメリット

初心者が把握しておきたいアパート経営のデメリット

初心者が把握しておきたいアパート経営のデメリット アパート経営の一番のリスクは空き室です。
古い物件や魅力的でないアパートにはどうしても空き室が出てしまいます。しかし、アパート経営をしている人は毎月アパートのローンを支払わなければならないし、修繕費も捻出しなければなりません。

空き室を減らすためにもリフォームをする必要があります。
賃貸を考えている人はアパートの見た目、内装の設備を重視します。設備が時代にそぐわないものや外壁が古びているアパートですとアパートを貸りてくれる人は少ないです。
改装費はかかってしまいますが将来性を考えれば少ない投資と言えそうです。

他には家賃滞納リスクがあります。
入居してきた時はしっかりと就業されている方だったのが、数ヶ月して失業してしまうケースも少なくありません。
現代ではリストラされてしまう場合も多いので入居者が家賃を滞納しない保証はありません。

そのようなリスクを避けるための対策は入居者の審査を厳しくすることです。
会社はどこの会社なのか、人柄や性格はどうなのか等を確りと審査し入居を許可することでそのリスクは十分に抑えることができます。

また、2名以上の保証人を付けると家賃滞納リスクは十分に下がります。
もし家賃を滞納した時に保証人の方に立て替えてもらうことができるからです。

最新のお知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。