アパート経営で家賃滞納を解消する方法

アパート経営者には家賃滞納リスクがつきものです。まず家賃滞納リスクがある方は入居させないことです。
家賃滞納者になりやすい人は、収入に見合った家賃でないアパートを選ぶ人です。

アパート経営をしている方は必ず事前に審査をして、その人は不安定な職業でないか、収入に見合った家賃のアパートを確りと選んでいるか等を調べましょう。
また、連帯保証人が家族でない方は家賃滞納をし易い傾向があります。
普通なら保証人は家族の方になってもらいますが、友人等が連帯保証人になっている場合は審査を厳しくし、徹底的に調べましょう。

家賃滞納を解消する上で重要な事は手紙や電話等をして家賃の支払いをしっかりと促してあげることです。
一週間程度の滞納であれば家賃の支払いを忘れている場合もあるので優しく電話で話し、柔らかい口調で家賃の支払いを促しましょう。

一ヶ月以上の家賃滞納者がいる場合は内容証明を郵便で必ず送付しましょう。この証明書がや家賃滞納の証明になりますので、法的な手段にでるときは必ず必要になります。
また連帯保証人に連絡をし、今後の返済方法を相談し、入居者の収入状況をしっかりと聞き、把握しましょう。

入居者が家賃を払える状況なのかを把握しておくことで今後の対処も素早くすることができます。